愛・地球博★にて想うこと

世界一周をのんびり楽しむ杏のブログ

「愛・地球博を応援します」「愛・地球博を応援します」
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | --/--/--(--) --:--:--
いくつかに分かれる夢見る山のひとつ、ウォーターラボ
それなりに楽しめるけど、どちらかというと子供向けです。

3Dめがねをかけて水についてのショーを見ます。
水の映像が出てきたけど、いまいちテーマがつかめず…><
ただ立体的に見えるので、小さな子は手をあげて映像をつかもうとしてました。

杏的満足度:★★
スポンサーサイト

炎のマジックショーが楽しめるガスパビリオンです。
ショーをメインに楽しみたいなら前列の席がお勧めです!
燃え上がる炎の熱を感じられます。
ぼっと燃え上がる時、一瞬熱気が伝わってきました><

ところで、弟子役の「コージ」さんて熱くて大変そうです。
なんせ炎のマジックショーですから。
マイクも吹き替えじゃなく、踊りながらちゃんと歌っていて、
熱出して寝込んだらどうするんだろう、といらぬ心配をしてみたり(笑)

ショーの後には「氷が燃える」のを見せ、その原理も教えてくれました。
そっちをメインで見たい場合は、ショーを後ろの出口付近が良さそうです。

燃える氷にはびっくりしました。
原理を聞いて納得です。
実用化されれば環境にも良いでしょうね。
とても有用なものだと思いました。

杏的満足度:★★★
2005/3/31 ★評価
各パビリオンごとに★5段階評価で表現したいと思います。
ただし私の個人的満足度なので、参考までに~(笑)

2005/2/26 大改造→万博開幕して、分かりやすいように形を変えました。
カテゴリー「基本情報」に記事をいくつか追加しました。

これから万博をゆっくり見て周り
色々と情報を載せていきたいと思います。

グローバルコモン6の真ん中にある2階立ての食べ物屋さん。
1階の辛そうなカレー屋さんも気になるけど、
2階へあがりイラ・ファルモサというビュッフェスタイルの台湾料理のお店へ。
小籠包 (しょうろんぽう)や炒飯など色々ありました。
写真は台湾のハンバーガーという割包
白の部分は肉まんの皮みたいな味で、食感はそれよりもう少し弾力ある感じ。
中身は何かの肉(?)で、とってもジューシーでおいしかったです。
お値段は400円でした。


北エントランス。公式ショップ前に大きなモリコロの人形を発見。
ちびっこが一緒に写真を撮っていました。


シンガポール館のカレーパフ
画像が荒くてごめんなさい><
そんなに辛くないし、温かいうちにサクサクと食べるのがお勧め。
とっても美味しかった!

4口ぐらいで食べられる大きさです。
ちなみに1個300円でした。
グローバルコモン6。
オセアニア・東南アジアの国々の展示です。
それぞれ独特の雰囲気をかもしだしていて、どこも素敵でした。
ただ場所によっては、置物が置いてあるだけだったりね><

★タイ

国の紹介以外に、たくさんの植物・お香(?)が置いてあって、自由に匂いをかげます。
臭いのから良い匂いのまで色々とありました。

★ベトナム


★ブルネイ・ダルサダーム


★南太平洋共同館


★インドネシア
2005年3月25日~9月25日
愛知万博のテーマ:自然の叡智

最先端技術が発表される一方で環境にも配慮しています。
各建物の素材は天然のものばかりです。
またゴミの分別の細かく行っているので、みんなで協力していきましょう。
愛知万博は大きくわけて3ヶ所にわかれています。

・長久手会場(愛知県長久手市←ながくて、と読みます)
・瀬戸会場(愛知県瀬戸市)
・ささしまサテライト会場(愛知県名古屋市)

です。メインは長久手会場。
瀬戸会場には長久手会場からゴンドラで行くことが出来ます。
ささしまサテライト会場は全く別の場所にあります。
名古屋駅から近いです。

なぜ3ヶ所?
愛知万博は当初、瀬戸会場で行う予定でした。
しかし開拓予定だった森には絶滅危惧種のタカがいた上、
自然保護をうたう万博に相応しくない、ということで長久手になりました。
一部瀬戸会場なのはそのなごり。
ちなみに万博メインの場所、長久手会場は元々大きな公園でした。

ささしまサテライト会場は何であるんだろう…(ぉぃ)
こちらは名古屋駅からも近く、日本初ポケモンの遊園地ってことで話題になってます。
残念なことに、愛知万博には「防犯上の理由(テロの可能性)」と、「食中毒の危険性」のため食べ物の持込ができません。
入場口には、持ち物検査があるので、食べ物は没収orその場で食べてから入場になります。

例外で、持ち込めるのは「水筒」と「菓子パン」
ただし袋に入ったパンであって、調理パンは持ち込めません。
また宗教上の理由や、病気で食べ物が制限されていたり、理由がある場合は大丈夫。
小学校や中学校の遠足の場合も持ち込み可能です。

万博会場内では、様々な料理が食べられますし、コンビニや自販機もあります。
そちらを活用しましょう。
万博会場内をぐるっと一周している道です。
山の中なので、起伏の激しい場所です。
そこで普通のビルの2Fくらいの高さのところに、
水平で起伏の無い道を作りました。
それがグローバルループです。
バリアフリーをめざした試みです。
各ゾーンはループの周囲にあるので、
ループを通って各ゾーンへ行きましょう。
迷子放送などの呼び出しは一切ありません。
迷子にならないよう注意しましょう。
各インフォメーションには「迷子ワッペン」が置いてあります。
迷子ワッペンに親や連れの携帯番号を書いておき、
子供に持たせます。
子供が迷子になったら、
それをスタッフに見せるだけで連絡がとれます。

迷子ワッペンをしていなかった場合は、お近くのスタッフまで。
その際、パビリオンのスタッフより警備スタッフに声をかけると良いです。
指定の場所でのみ、喫煙できます。
会場に入ると地図が貰えるので、
それで喫煙所を確認しましょう。
喫煙所と言っても、灰皿があるだけです。
喫煙者の方には大変ですが、
たばこは指定の場所でのみ吸いましょう。
愛知県はゴミの分別にうるさいところです。特に名古屋市。
以前ゴミ問題があったためです。
ゴミ箱の前にはボランティアさんがいる(と思う)ので、
教えてもらいながら捨てましょう
会場内、数箇所に手当てしてくれる場所があります。
無理せず近くのスタッフに申し出ましょう。
夏は熱中症の危険もあるので、水分補給はかかさずに!
また、会場内で手に負えない場合の準備(移動するための準備)もされています。
愛・地球博にて想うことへようこそ。
ここは管理人杏(あんず)が万博について思ったこと、考えたことや、
体験したパビリオンのことなどとにかく万博に関することを書きつづる場所です。
期間パス所有&万博内某所で仕事中。イベント好き。外国好き☆

コメントTB大歓迎。気楽に遊んでいって下さいな^^

サイト名:愛・地球博にて想うこと
管理人:杏(あんず)
URL:http://angyworld.blog6.fc2.com/

リンクについて:フリー☆リンク大歓迎♪
今日は開会式でしたね。いよいよ明日から万博開幕です。
「リニモ問題」「飲食物問題」など新聞でとりあげられていますが、私はちょっと大げさかなって思ってます。
はじまってみないと分からないけどね。

飲食物問題については一番大げさかなぁ。騒ぐほどのことでもないかと。
水筒だけ持っていって、あとはせっかくだし中で食べましょう♪
万博会場内には、外国の料理がたくさんあります。
食べたことの無い料理を食べるのをすごく楽しみにしています^^
弁当が2000円?!なんて話題もあがってますが、どこにあるんだろう???
とりあえず未確認なので信じてません。あったとしても一部でしょうし。
色々と見てまわりましたが、350円~1000円ぐらいの食事が多かったですよ。

西エントランス1F(地上)にあるフードコートは、どこも一律1000円でドリンク付きです。
内覧会後には座席数も増やしたそうです。

どうしてもお金かけたくないって人は、水筒+菓子パンでOKですね。

混雑問題に関しては、リニモを避けるしかないかなぁ。
どうしたって混むだろうし…。瀬戸会場から入場して、ゴンドラで長久手会場へ、ってのも一つの手かと思います。
パビリオンの順番待ちについては、仕方のないことですね。
大阪万博、ディズニーランドを例にあげても、入場待ちは避けられないことです。

その中でいかに時間をうまく使うか。そこで予約システムですね。事前に2枚、当日1枚とれるそうなので、色々と計画をたてて楽しみましょう♪
今回は、森林体感ゾーン(地図)にある『森の自然学校』を紹介します。
未来志向の展示品とは一風変わって、ハイキング気分で楽しめそうです。

↑会場図 自作(笑)
ここが森林体感ゾーンです。ここは自然豊かな森です。
森を利用した日本庭園や、その奥にはサツキとメイの家があります。
それとは別に森を散策できるコースが「森の自然学校」です。


長久手愛知県館横から日本庭園方面に伸びる道を挟んで、北の森南の森にわかれています。
そして北と南、どちらにも散策コースがあるそうです。
入り口と出口が決まっていて、入り口でマップをもらい、マップにそって散策をします。

南の森の散策コースは、一日2000人限定。そのうち500人は45分程度インタープリターというガイドさんに案内してもらえ、250人は予約、残り250人は先着順ですので、お早めに。
残りの1500人はマップを貰った自由散策ですが、オリエンテーションがあるそうです。

北の森散策コースの入り口はグローバルハウスのグローバルループを挟んだ反対側。(長久手愛知県館よりも北)
南の森散策コースの入り口はグローバルコモン4にあるEXPOドームのそばです。(北ゲートからはゴンドラで行くのが早いです。)

ちなみに瀬戸会場には「里の自然学校」もあります。
「森の自然学校」「里の自然学校」に関しての詳しいHPはコチラ森の自然学校・里の自然学校HP

ただ夏は蚊が多そうなのと、虫が苦手な私は今のうちに行くのがいいかもしれない…w
でも夏には涼しそうで良いんじゃないかな。
男の子のいる家族連れには楽しめそう。
パビリオンも良いけど、自然と親しむことが出来るのも、ひとつの楽しみですよね☆
話題いっぱいの企業パビリオン。(写真は一部です)
どこも混雑が予想されます。
朝1に行くなら、どこかにしぼって並ぶといいかも?!


ワンダーホイール展・覧・車
観覧車の隠れた部分にクルマについての紹介がある、観覧車と展示の融合。


ワンダーサーカス電力館


夢見る山
押井守が総合演出する「めざめの方舟」など4つの展示があります。


ガスパビリオン
炎のマジックショーや燃える氷が見られます。


トヨタグループ館
たくさんのロボットや未来の移動手段?i-unit。


日立グループ館
3日間の内覧会が終了しました。
やっと更新できます!内覧会中は朝から晩までだったので、更新する時間もありませんでした。
そのくらい忙しかったです。

オープン直後から人並みが押し寄せてすごかったです。
どこのスタッフもまだ慣れない仕事で、バタバタしていたようです。
私自信もそうでしたが、この内覧会でペースをつかめました。
オープンしたらどれくらい忙しくなるんだろうなぁ。心配しつつ楽しみです。

問題も露呈しましたね。まずリニモ
地元民が多いせいで混んだ、というのもあると思います。
でも移動するだけで並ぶなんて嫌ですよね。
スタッフもリニモしか手段がないので困ります。
ただでさえ朝早いのにぃぃ><

それから食事袋に入った菓子パンは持ち込みOKみたいです。

まだまだ始まってみないとわからない部分もありますが、開幕まであと少しですねっ☆
私も仕事ばかりで見れてないので、早く他のパビリオンをまわりたいよ~~~。
今日はとっても良い天気♪家族で愛知万博へ出かけよう♪
お母さんが早起きして作ったお弁当。お昼に食べるのが楽しみです。

…しかし


入場口係員「持ち込みできません。」
お客さん「じゃあこのお弁当はっ?!」
係員「申し訳ございませんが、捨てる食べてからご入場下さい。」
お客さん「え~・゜・(ノД`)・゜・。」

こんなやりとりが目に浮かびます。
中日新聞によると、その場で食べるか、捨てるかしないと入場できないらしい。
せっかく作ったお弁当が勿体ないですよね。
テロの危険性と食中毒の予防のためだそうです。

それって言い出したらキリ無いと思うよ。
でも決まりだから仕方ありません。じゃあどうするかが問題です。

まず飲み物!水筒を持参しましょう。
水筒なら持ち込めるようです。ただし中身は確かめられるそうです。(飲むのか?!)
これから夏にかけて炎天下で並んだりするでしょう。水分補給はしっかりしましょうね。

そして食べ物。会場内には高級レストランからお弁当屋さんまでたくさんあります。
またグローバルコモンで、外国の料理を食べるのも楽しみの一つだと思います。
安くおさえたいって人はコンビニ。普通のコンビニと値段は変わらないそうです。

パークアンドライドといい、今までに無いスタイルが多くて混乱する万博ですが、情報をしっかり仕入れて楽しみましょう☆
愛知万博にはたくさんの乗り物があります。

とても個性的で面白いです。
万博へ行かれた際には色々探してみて下さいね。

 
自転車タクシー。右の写真は上についてるTAXIのマークです。
昔でいう「カゴ」の自転車版みたい。


キッコロゴンドラ・モリゾーゴンドラ
長久手会場と瀬戸会場を結ぶモリゾーゴンドラ(無料)。
長久手会場を北と南で走るキッコロゴンドラ(有料)。

大人(中学生以上):600円
子供(小学生)&障害者:300円
小学生未満:無料


IMTS
会場内を走るバス。運転席をよく見てください。
運転手がいないのですよ。
自動で並んで走ってる姿は次世代マシンって感じです。

駅は4ヶ所。
北ゲート駅、西ゲート駅、EXPOドーム駅、メッセ前駅
(メッセ前駅は本数が少ないので注意。)

大人(中学生以上):200円
子供(小学生)&障害者:100円
小学生未満:無料
万博会場に隣接した駐車場はありません。
愛知万博ではパークアンドライドというシステムを導入しています。
少し離れた駐車場に駐車する(パーク)→駐車場から出るシャトルバスに乗って(ライド)万博へ。
駐車場は有料ですが、シャトルバスは無料です。
バスは駐車場に駐車した人しか乗れません。
専用駐車場は全部で6ヶ所。詳しい位置は公式ページをご覧下さい。

* パークアンドライドの目的:

万博会場のまわり一箇所に車が集まるのを防ぐ。
そのためアイドリングも減り、環境にも良い。
来場者も混雑を避けて、駐車できる。
(名古屋市営バスなんかは信号で止まると、エンジンも切って
アイドリングストップ運動をやってるけど、それって名古屋特有なのかしら?)

▼パークアンドライド詳細
6ヶ所の駐車場:尾張旭・長久手・ながくて南・三好・藤岡・名古屋空港
駐車料金:名古屋空港は1日2500円。それ以外は3000円。
シャトルバスは無料。駐車した時に渡されるコインでシャトルバスに乗れます。駐車しない人はシャトルバスには乗れない仕組みです。
詳細は公式サイトでご確認下さいね。

リニモとは、リニアモーターカーのこと。
電車で万博へ行く人は、必ずこれに乗ることになります。


万博の最寄駅はリニモしかありません。
藤ヶ丘駅(ふじがおか駅)、もしくは万博八草駅(ばんぱくやくさ駅)からリニモに乗りましょう。
名古屋駅⇔藤ヶ丘は、名古屋地下鉄の中でもよく使われる線です。
藤ヶ丘駅からリニモへ乗り換えるのに混雑が予想されます。

名古屋駅から金山駅(かなやま駅)・高蔵寺駅(こうぞうじ駅)を経由して万博八草駅を利用するとまだマシかと思われます。
名古屋駅・金山駅・高蔵寺駅から万博八草駅まではエキスポシャトルが便利です。
また、エキスポシャトルを利用した場合、
万博八草駅から万博会場駅までの切符がセットになって往復1300円となります。
さらに、キッコロゴンドラの割引もしてもらえます。お得ですねっ☆

愛知万博の知名度は?低い?高い?

言うまでもなく低いですねぇ。
東海地方での知名度はかなりあがっているようですが、それ以外の地方の人ともなると「なにそれ?」という人も多いみたい。

こういうのってメディアの影響が大きいと思う。
どれだけ宣伝されてるか、って大事ですよね。

私は万博の開かれる愛知県に住んでいます。それも万博会場にわりと近いところに。最近では夕方のニュース新聞で毎日のように万博が扱われているし、モリゾーキッコロのグッズがスーパーで売られていたり、いたるところに愛知万博のロゴが入っています。

こういった地道な宣伝って大切ですよね。最近になって、宣伝が増えてきたのは、各企業パビリオンが開館しはじめたからだと思います。外国パビリオンの建設の遅れは心配ですが、早く完成して宣伝してくれるといいなぁ。
色々問題も含んでいて、問題ばかり取り沙汰されている万博ですが、それ以上に楽しみがいっぱいあるはずです☆

このブログも、愛知万博が認知されるための一つになると嬉しいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。